キャッシングの安い金利で得する方法

8470-546x546

まず、お金の借り入れの際に、最低限学んでおきたい事は、借入金額に応じた金利つまり、利息がそれぞれ異なってくるという点です。

基本的には、融資額に応じた元金の年利の上限枠が設けられており、10万円以下・10万円から100万円以下・100万円以上とそれぞれ利息の上限枠が異なっています。

これは、利息制限法によって、借入金の額に応じた金利が定められているもので、借りる側としても必ず理解しておかなければなりません。

具体的には、10万円以下の借り入れの年利が20%の上限で、10万円以上から100万円以下までの年利が18%、そして100万円以上の場合15%がその上限となっています。

したがって、利用者が国内の金融機関で借り入れを行う際、これ以上の利息を支払う事は、業者側の違法行為とみなされます。

これを逆に考えれば、複数の金融機関で、借入金の総額が100万円を超えるようであれば、すべての借入先を一本化して、15%以下の利息に修正する事も可能という事になります。

ただし、借入先を一本化するにも、金融業者によっては新たな審査が必要となる場合もありますので、しっかりと確認を行ってください。

キャッシングを利用するにあたって、安い利息で借り入れできる事は、利用者にとっても返済額に直接影響しますので、金融業者の選択のポイントには、利息の安さをその選択基準にするといった方法もあります。

もちろん、利息を見て借入先を決めるのは申し分のない選択肢ですが、現在多くの消費者金融では、金融業者独自のサービスを行っている事も、見逃せないポイントとなっています。

利用者にとって、特典とも呼べるこのサービスですが、借り入れから30日間は無利息、あるいは1週間以内であれば何度借りても無利息といったものもあります。

また、金融業者によって、60日という破格の無利子サービスを行っている業者もありますので、利用者としてはぜひとも上手に活用していきたいものです。

ただし、あくまでも、これらは金融業者の提供するサービスの一つであり、業者によってサービスの内容が異なってきますので、注意しておかなければなりません。

つまり、金融業者によって、期間内であれば何度も無利息といったサービスもありますが、初めてのご契約時のみ有効といった限定無利息サービスもありますので、よくよく確認を怠りなきようしたいものです。ただし、借入先の金融業者の見極めも、重要なポイントとなります。