インターネットキャッシングは実は危険?借りすぎないための注意点

a1

物流や株式投資などがウェブ上で完結させられるようになった今の時代。金融機関ももちろん例外ではなく、スタッフと対面することなく融資を申請できる自動契約機やウェブ審査など、融資のハードルを下げるためのサービスがここ数年でさらに充実しています。

ただ、自動契約機であれウェブ審査であれ、最終的には専用端末まで足を運んで現金を受け取る必要があり、自動契約機の場合は金融業者ごとに対応時間が決められているため、「平日の日中は仕事や家事でちょっと……」という方にとっては利用しにくいかもしれません。

「ウェブ上で入金までのすべてのプロセスを完結させられればいいのに……」というニーズにこたえるべく登場したのがインターネットキャッシングです。

ネットキャッシングはその名の通り、融資の申請から入金、お金の受取までをすべてウェブ上の専用サイトから行うというキャッシング方式です。

融資申請から判定までは従来のウェブ審査や自動契約機とほとんど変わりませんが、口座への入金までをウェブ上で完結させられるのがネットキャッシングの最大のメリットです。

ウェブ審査にしても、自動契約機にしても、実際にお金を受け取るためには銀行のATMまで足を運ばなくてはなりませんから、その点だけでもユーザーにとってメリットの大きいシステムであると言えます。

また、ネットキャッシングは原則として24時間対応なので、深夜や土日祝日でも問題なく好きなタイミングで申し込むことができます。このシステムにより、仕事などで日中に時間が取れないという方でも自分のゆとりのあるときに申し込みをすませることが可能になります。

ネットキャッシングのもうひとつのメリットとして、「ローンカードが不要である」ということがあります。銀行や消費者金融のカードローンでは専用のローンカードが発行され、専用端末やATMにカードを認証させることによってお金が借りられる仕組みになっています。

一方、ネットキャッシングでは基本的に専用のローンカードが発行されず、普段使っている銀行のキャッシュカードを使用することができるため、複数のカードを使い分ける必要がありませんし、知り合いにローンが知られることもありません。

入金までをウェブ上で完結させられるネットキャッシングは若い世代にももちろんニーズがありますが、金融機関やATMに足を運ぶことが難しいお年寄りにとっても利便性の高いサービスであると言えます。