消費者金融の即日融資は本当に安心?危険性も要チェック!

033

消費者金融についてウェブサイトで軽くリサーチするだけでも、「即日融資」、「その日のうちにすぐ借りられる」などのキャッチコピーがいくつもヒットします。

銀行や信販系のカードローンでは何週間にもおよぶ厳密な書類審査がもとめられる一方で、なぜ消費者金融の場合は迅速な融資が可能なのでしょうか。

「今すぐまとまったお金を借りたいけど、どの金融機関から借りればいいのかわからない」というキャッシング初心者のために、即日キャッシングの仕組みやメリット、利用にあたっての注意点について簡潔にまとめました。

即日キャッシングではもちろんその日のうちにお金が融資されるわけですから、書類審査や本人確認はどうしても銀行などと比べて簡略化されてしまいます。

銀行や信販系など、一般的にお堅いとされている領域のカードローンでは統一された信用情報機関に個人情報の照会を行い、返済の遅滞や滞納などの記録があればマイナス査定となり、カード審査に落ちる、という状態になります。

当然、民間の金融業者も信用情報機関への情報照会を行いますが、銀行や信販系とは信用情報機関が異なっているため、仮に銀行のカードローン審査に落ちているとしてもその記録が伝わることはなく、信用情報に傷がつくこともありません。

これが「民間の金融業者のほうが審査に通りやすい」と言われている理由です。

業者側にしてもできるだけキャッシングやカードローンを利用してもらって手数料収入を増やしたい、という本音があるため、一定以上の収入が確認できればほぼ無条件でカードを発行したり、融資を通したりするという背景があるようです。

ただ、ここまではあくまでも金融業者側の都合であり、そのことによってキャッシングのリスクや危険性が相殺されるわけではありません。

「誰でも気軽に借りられる」ということはつまり「誰でも多重債務に陥る危険がある」ということでもありますので、お金を借りる際には事前に返済期間と月々の返済額を慎重にシミュレーションしたうえで、収入とのバランスがとれているか、暮らしに支障が出るほどの借入を計画していないか、という点について検討する必要があります。

といっても、キャッシング初心者がいきなり自分だけで詳細なシミュレーションをするのは難しいので、キャッシングの専門家のアドバイスを参考にしつつ、「この借入は本当に必要なのか」ということを正確に判断しましょう。

気軽に借りられるからこそ、綿密なシミュレーションが大きな意味をもつのです。